ハイドロキノンなどの美白効果の高い外用薬

ビキニを着たくても、乳首のピンクが気になって着るのを躊躇している女性は少なくないようです。
乳首が黒ずんでいると不潔感を感じるので、なんとか消す方法を見つけたいという人も多いことでしょう。

 

乳首のピンクを消す方法は様々ありますが、時間をかけずに早く解消したいと思う人には、美容皮膚科や美容クリニックに脚を運ぶことをおすすめします。

 

それらのクリニックは審美にかけてのエキスパートなので、効果の高さを実感できると言えます。

 

乳首のピンクを消す方法としては、ハイドロキノンなどの美白効果の高い外用薬を塗ったり、内服薬で体内から改善していく方法の他、医療レーザーで消す方法もあります。

 

レーザー治療は、乳首のピンクの原因となっているメラニンを破壊していくことでピンクを解消していく方法です。
レーザー治療は医療行為であるため、医師が行うので安全性が高いこともメリットと言えます。

 

レーザー治療と合わせて、美白クリームなどを塗布することでさらなる効果が期待できます。

 

しかし、美容クリニックでの消す方法の場合は基本的に保険適用ができずに自由診療となるので、場合によっては費用が高額になることもあるのであらかじめカウンセリングなどを受けてしっかりと費用の面についてもクリニック側と相談してから始めるようにしましょう。